介護の本質を理解し、
ご利用者様のためのサービス提供を突き詰める。

介護事業は、当社のグループ会社である株式会社Chance Makeにて、デイサービス「With」を2事業所運営しています。
私は2つの事業所の統括という形式で管理していますが、主には千駄木にある事業所の管理者として業務にあたっています。

「With」には、「『あなたに逢えてよかった』そう思っていただける人と場所」というコンセプトがあります。
ご利用者さま同士、ご利用者様と私たち、ご家族様と私たち、ご家族様とご利用者様・・・
自分にとって大切な人と出会える場所、安心感や喜びが生まれる場所でありたい、とう想いのもとお客様と日々接しています。

小規模のデイサービスのため、ご利用者様は少ないですが、その分一人ひとりへきめ細やかなサービスを提供することを心がけています。
日中の過ごし方は、ご利用者様によって全く異なります。わいわいおしゃべりを楽しみたい方もいらっしゃれば、ゆっくりとひとりで過ごしたい方もいらっしゃいます。
ご利用者様に目を配るようにし、常に寄り添ってあげることで、ご利用者様が楽しく安全に過ごせるようサポートしています。

また、施設での活動が、地域活性化につながることも期待しています。
実際に私が地元を歩いていると、近隣の飲食店の方から声をかけていただくこともたくさんあります。
私たちの施設が地域に根付いているのだと思うと、もっともっと地域活性化のために貢献しなくてはならないという想いが強くなりますね。

介護は技術や経験だけでなく、人とのコミュニケーションも大切な要素だと思っています。
デイサービスの業務は入浴介助や食事の提供など、日常生活の延長であることが多いです。ゆえに、ただ業務をこなしていくだけではなく、人と人とのコミュニケーションが重要になってきます。

介護という仕事の本質を理解し、ご利用者様のことを想ったサービスを提供するためにはどうしたらいいのか。
ご利用者様だけでなく、働くスタッフにとっても日々の業務がよりよいものになるよう、サービス・業務の向上に努めます。

介護事業部(株式会社Chance Make) 専務取締役増田(J.MASUDA)